わずか5分の本格ストレートネック対策「首ゆるストレッチピロー」

わずか5分の本格ストレートネック対策「首ゆるストレッチピロー」


PCやスマホを使わない日はない、現代社会。
ふと気づけば、その首!ストレートネックになっていませんか?


現代生活では便利で欠かせない存在のPCやスマホ。でも同時に、首の不調肩こり耳鳴りめまい頭痛、さらには、自律神経失調症頚椎ヘルニアまでに至る様々な不調が急増しています。実は、ストレートネックは、オフィスワークでのパソコンだけではなく、スマホ使用も大きな原因になっています。

ストレートネックが気になって、自分で対策をしようと、気づいた時に顎を引き上げたり、首の体操をしたりと改善を心がけてもなかなか続きません。実は、ストレートネック、スマホ首に一番効果がある方法は、寝ている時間を活用すること。わずか5分でストレートネック、スマホ首ケアをしてくれる「首ゆるストレッチピロー」をご紹介します。

 

わずか5分でストレートネック、スマホ首ケアをしてくれる「首ゆるストレッチピロー」


ストレートネック、スマホ首とは


ストレーとネック、スマホ首とは、スマホやPCを使う時のうつむきせいかちが原因で本来「く」の字になっている首のカーブがまっすぐ(ストレート)になってしまっている状態のこと。

このカーブがストレートになると、頚椎だけではなく脊柱全体のバランスが崩れ、首の不調肩こり耳鳴りめまい頭痛、さらには、更年期世代には見逃せない“自律神経失調症頚椎ヘルニア、平衡感覚が崩れたり、顔はもちろん体全体のむくみにまで影響します。

ストレートネックのチェック方法が色々ありますが、まずは簡単なセルフチェックで該当するかしないかとみてみましょう。

・1日5時間以上のデスクワークが多い
・パソコンやスマホ、を使っている時間が長い
・電車に乗るとすぐにスマホを見る癖がある
・左右の顔を動かせる範囲が狭い首を後ろに倒すと痛みや違和感
・肩や首がこり、背中のハリがある
・頭痛や耳鳴りがする
・猫背だと感じている
・ふと気づくと顎が前に出ていることが多い

 


ストレートネック、スマホ首の対策には?


ストレートネック改善のたえには、睡眠中の姿勢を意識すること。理想的な首の姿勢で仰向けに寝ることが一番簡単かつ効果がある方法です。正しい位置を首に教えてあげることで、本来のあるべき位置を首に教えてあげましょう。

 


肩甲骨や腰、ふくらはぎ、さらに足首までケアできる
多機能ストレッチ枕「首ゆるストレッチピロー」


多機能ストレートネック枕「首ゆるストレッチピロー」は、値段もお手頃でしかも多機能。
肩甲骨の間に当てて閉じがちになっている胸や肩を開いたり、腰やふくらはぎ、足首にまでケアできる優れものです。

さらに内側には、硬めのチップウレタン、外側には首に程よくフィットする高硬度突起ウレタンの二重構造で、まるでマッサージしているかのような心地よさです。

肩甲骨や腰、ふくらはぎ、さらに足首までケアできる 多機能ストレッチ枕「首ゆるストレッチピロー」


まとめ


スマホを見る時び俯き加減によって、脊椎には4.5Kg(傾き度0度)〜27Kg(傾き度60度)の負担がかかっているそうです。

スマホ時代はまだまだ始まったばかり。これからの長い人生、また、スマホがある生活が当たり前の時代に生きるお子様やご家族、スマホ世代の健康管理の一つにストレートネック枕「首ゆるストレッチピロー」での首ケアは、しないよりはしておいたほうが賢い選択。お手頃価格の3980円で送料無料!さらに日本製という安心感つきです。

 

たった5分でスマホ首&ストレートネックをセルフケア「首ゆるストレッチピロー」のサイトはこちらです

ストレートネック枕「首ゆるストレッチピロー」