朝型生活にシフト!体と脳の働きが高まる光目覚まし”inti4(インティ・フォー)”

朝起きられない人、朝型生活にシフトしたい必見!

世の中「朝活」がブーム。朝型生活が健康な体と思考を作るといわれ「朝」というキーワードが気になっている人は多いのではないでしょうか。
一般的に、世界中の仕事がデキると言われている人たちは朝型である朝型の人は就職試験の合格率が高い仕事でミスが少ない1日の中で負の連鎖が少ないと言われています。

わかってはいるけど朝起きようと思ってもなかなか起きられず、朝ごはんも食べずにラッシュの電車に揺られて職場へ向かい、スッキリしないまま仕事に向かう…そんな負のスパイラル生活からすぐにサヨナラ出来る体のメカニズムに合わせてスッキリ朝起きられるようになる、光目覚ましinti4(インティ・フォー)”をご紹介します。


朝日を浴びると体内時計がリセットされる


私たちの人間の体のリズムは1日25時間、そして地球の時点は1日24時間。ここに1時間の時差が発生しています。その1時間上手にリセットして、私たちの体に「朝ですよ、1日がはじまりますよ」と、体内時計の時計のスイッチを入れてくれる役目を果たしているのが、太陽の光。私たちは、太陽の光を浴びることで脳内にある視交叉上核(しこうさじょうかく)という部分が反応して体に1日の活動を始めるように司令をだします。この親時計のスイッチが入らないまま目覚まし時計の大きい音で朝起きても、太陽の日差しを浴びていなければ、くすぶった気分で1日を過ごすことになるのです。

ならば、朝起きてすぐにカーテンを開けて朝日を浴びればいいのでは?と思うかもしれませんが、お天気は365日快晴とはいきませんし、日照時間が短くなる冬になると日の出の時間も遅くなり真っ暗な間に目覚めなければいけなくなります。

ちなみに、私たちの体を目覚めさせて、体内時計のスイッチを入れるために必要な光の量は太陽の光は2500ルクス以上が必要と言われています。朝日は10000ルクス、オフィスは1000ルクス、家庭の電気は700ルクスと、朝の体内時計をリセットするには全く足りない光量です。



朝の光で、幸せホルモン”セロトニン”が大分泌


朝日を浴びて体が喜ぶことは、体内時計のスイッチが入ることだけではありません。太陽の光w浴びると、私たちの気持ちに「幸福感」を与えてくれる幸せホルモン”セロトニン”が分泌されます曇り空や雨の日が続くと気分がスッキリせず、モヤモヤする…という気分になることが多いのは、太陽の光による幸せホルモン”セロトニン”の分泌量が不足しているからです。

「私朝型です!」と朝日を浴びている人が、いつ会っても楽しそうで爽やかな人が多いのはこの幸ホルモン”セロトニン”をたっぷり浴びて朝日の恩恵を受けているからです。

朝日を浴びる幸せホルモンメラトニンが分泌されます


自律神経を高めて睡眠の質まで高め、さらに脳の記憶力までアップ!


朝日を浴びることで大量に分泌される幸せホルモン”セロトニン”は、朝日を浴びてから14〜15時間後に睡眠ホルモン”メラトニン”に切り替わって、自然に眠くなるという体のリズムが整うようになります。これまで夜更かししていたり、「朝早く起きたいから早寝したいのに、夜なかなか寝付けない」という人は、朝の光を浴びることで睡眠までをもコントロールしてくれる体のリズムが整うばかりか、生活習慣も整い毎日が快適に過ごせるようになります。

さらに、睡眠の質が上がると私たちの脳の昨日もグンとアップします。
私たちの脳は、1日に60000個ものことを考えていると言われています。生まれた時から毎日毎日積み重なっていく私たちの思考や記憶。これをそのまま放置していると脳みそはパンク状態になってしまいます。脳みそは私たちが寝ている開に記憶の整理や書き換えをしてくれるのです。まるでパソコンのようですね。寝ている間に脳の整理がきちんと行われることが私たちの脳の効率をアップさせるための1番の基本なのです。


まとめ


朝日を浴びて起きると目覚めがよくなるばかりか、体にとっても脳にとっても良いことばかりです。朝に浴びる太陽の光は、ネガティブな思考に80%占められている人間の気持ちを前向きのプラス思考に変えて、さらにはBMI値を下げてやせ体質へ導く効果あであるそう。

そんな朝の光で起きるメカニズで体のリズムを整える目覚まし時計”inti4(インティ・フォー)“は、太陽が自然に空に登ってくるように、ゆっくり少しずつ明るさをあげて心地よい快適な目覚めを導いてくれます
さらに、デキる人の部屋のベッドサイドにぴったりフィットするスタイリッシュで高級感のあるデザインもかなり高ポイント!光で目覚める快適ライフにおすすめですね。


理想的な快適ライフスタイルを朝の目覚めでいますぐ手に入れましょう。

光目覚まし“inti4(インティ・フォー)”のサイトはこちら
光と大音量の最強目覚しinti4(インティ フォー)